リバウンドの原因とは

 何が原因でリバウンドは発生するのでしょうか。リバウンドという単語がダイエットに常につきまとうくらい、ダイエットとリバウンドは密接な関係にあります。リバウンドの原因は一体なんなのでしょうか。ダイエットで体重を減らすことができても、元通りか元以上の体重に戻ってしまうことをリバウンドといいます。

もしくはダイエットをする前以上に体重が増えてしまう現象を言います。リバウンドを身を以て体験している人は、ダイエットをした日本人の60%になるともいいます。努力のかいあって体重を減らすことができたのに、リバウンドで今までの努力が水の泡になってしまっては悔しいものです。

ダイエットとリバウンドの繰り返しは、太りやすく痩せにくい体質を作ってしまうと言われています。リバウンドが起きる原因として挙げられるのは、誰もが持っているホメオスタシオスの停滞期です。もう一つのリバウンドの原因としては、レプチンの量と満腹感の関係があげられます。

リバウンドを起こさないようにするには、この2つの原因への対抗策が必要です。リバウンドの原因を理解し、対策を取ることによって期待通りのダイエットが可能です。

ダイエットは以前から何度もチャレンジしました。

今もちょこちょこやってる方法でいうと、ちょっとした断食です。

1日予定の入っていない日に水の他は何も食べないようにします。

そうして、あくる日の朝はお粥などのお腹にやさしい食べ物を食べて、後は普通に暮らすのです。

胃のリスタートにもなって内臓にもやさしいらしいです。

息を意識してお腹からするだけでも、人間はスレンダーになるそうです。

脂肪を燃焼させるストレッチとしては深く呼吸すると同時に肩甲骨を動かすのが良いのだとお聞きしました。

肩こりにも成果が見られるんですが、両腕を上の方へまっすぐ伸ばしながら息を吸い、腕は上を向けた状態で、肘を曲げて体の後ろに沈めていきます。

この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。

痩せようとするのに食事を抜いてしまうのは不可です。

実際、長続きしませんし、まず間違いなく体調を壊します。

ちゃんと、食事を摂取しながら、食事の1食をカロリーの小さいものに置き換えると良いです。

運動を併用する方は、筋肉をつけ基礎代謝を上げるために高たんぱくで低いカロリーの食品が一押しです。

私は子供の誕生後、重くなった体を出産前の状態にもどすために、減量と合わせて生まれて初めて筋肉を鍛えました。

100%おっぱいで育児をしていたので、思うように減量はできなかったのですが、筋トレはたくさん熱心にしました。

そういったこともあり、半年ぐらいでほぼ以前のような体型に戻す願いがかないました。

痩せるためにはある程度の努力が必要ではないと思います。

とても厳しく体重を制限することは体が弱くなってしまうので、段階的に痩せる方法を選び、それを引き続き行い、徐々に体重を減らしていくのが基本です。

すぐにダイエットに成功したといってやめてしまうと、元の体重にすぐに戻ってしまうことがありますので、最低3ケ月は行いましょう。

年齢が上がるにつれて、体を動かしていく機会も減り、基礎代謝が下がっていく気がします。

それゆえか、せっかくダイエットをしても、思う通りに体重が減りません。

やっぱり、体質を変えるところがスタートです。

まずは、体温を上げるために、生姜湯から、行いたいと思います。

寒いときにはとっておきの飲み物ですし、これで代謝がアップしていくことでしょう。

前に、炭水化物を少なくするやり方でダイエットした経験があります。

しっかり噛むことで、充足感を満たそうとしたけれど、やっかいだったです。

日本の人間なので、たまには、がっつりと真っ白なごはんを欲します。

なので、今現在は、炭水化物の摂取は夜だけは控えますが、朝と昼は普段通りに食べることにしています。

ダイエットの決心をしたその瞬間が、一番意気込みに満ち溢れているタイミングでしょう。

体重を減らすのを成功させる為には、その体重を落とすぞという気持ちをずっと存続させることが、大切です。

特に当初に必死に頑張り過ぎると人は挫折しやすくなってしまいますので、ゆるくスタートしましょう。

体重を減らそうと思っても続かないという場合は、ダイエットの成功例を聞くことをおすすめします。

ネットに載っている情報などは信じきれないと思うので、可能ならば親しい人の体験談をじかに尋ねるのが良いでしょう。

成功した実体験に触れることでやる気が上がります。

私的に女性からすると、結婚式は生涯一度だけのはずのことなので、結婚が決定してから、私も人並みにダイエットに努力しました。

さらに、エステにも行って見ました。

お金が色々と必要で2日間しか行くことができなかったけれど、普段と違うことをしてわずかに綺麗になれた気がしました。

ダイエットといえば有酸素運動が良いといいますが、有酸素と無酸素の判断基準というか、判断することができません。

よく言われるのは、息は上がるけれど、汗をかくほどではないというのが見分け方のようです。

でも、汗をかく状況は外気温などによっても変わりますよね。

もっとはっきりとした基準があれば痩せやすいと思います。

これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物はないのです。

そうはいっても、単純にカロリーが低いものとか、食物繊維を多く含有していて、お通じをスムーズにしてくれるものはダイエット、痩せるのに効果がありますよね。

あなたもご存知のように、野菜やきのこ類、海藻類を積極的に取り入れると、体重が増えることを防いでくれるでしょう。

加えて、できる限り、太りやすい食べ物を制限することも大切です。

ダイエットを長い間継続していると、カロリーを考えなくても、おおよその摂取カロリーが計算できるようになります。

主食と主菜、副菜をこの程度食べたので、今日の昼食に摂取したカロリーはいくらくらいというように予想できるのです。

ふくよかだった頃があるため、諦めなければならないのですが、少しへこみます。

細くなろうと思っても毎日毎日、マラソンしたり歩いたりするのは本音はちょっと面倒な気持ちが感じられますよね。

そこでわたしが、一押ししたいのが室内でのゆっくりと継続する運動です。

ラジオ体操も素晴らしい有酸素運動なので、軽装でしっかり体を動かし体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。

ダイエットを失敗させないためにはウォーキングなどの有酸素運動をしなければいけません。

酸素を消費する方法の運動により体内の不要な脂肪が燃えてなくなるので、気になる部分のサイズを小さくする事ができます。

中には、厳しい筋肉トレーニングをやっている人もいますが、これはハードで三日坊主になる場合も多々あるで無理しないことが大切です。