自動車税に関する住所変更なら

車に関する住所変更申請と言うと、運転免許証のイメージが強いと思われます。
その為、それ以外の申請を忘れがちになってしまいますよね。
特に重要なことは、都道府県が変わる引っ越しの時ですね。
この場合、車検証の住所変更、自動車税の住所変更が必要です。
<普通自動車を所持している場合> 都道府県に対し自動車税を納税します。
その必要があります。
それによって、住所の都道府県が変われば税金を納めるべき都道府県も変わることになります。
住所変更の申請が必須となります。
この住所変更手続きにと言うのは、主に4つの方法があります。
ですから、自分に合った手段で手続きをしてくださいね。
まず、ひとつの方法としては、「電話での申請」があります。
そして、住所変更を申請します。
次に「住所変更通信票」を使用する方法があります。
これは、納税通知書の裏面に記載されているものです。
ここに引っ越し後の住所などの必要軸を記載して納税します。
そうすると、自動的に住所変更手続きができます。
もうひとつ、「車検証の住所変更」とセットで行う方法があります。
車検証の住所変更を行った時点で、自動車税の住所変更も行われます。
それによって、車検証の住所変更をすると、自動車税の住所変更は不要になります。
次の方法としては「インターネットによる申請」があります。
ほぼ全ての都道府県では、税務課のホームページに行けば住所変更窓口があります。
ですから、おすすめの方法と言えます。