フラット35sの審査は新築と中古で違う?

フラット35sの審査は、新築住宅でも中古住宅でも対象になります。
しかし、フラット35sの審査では、中古住宅特有の審査基準が別にあるものの、新築住宅として定められた基準に合致すれば、それでいいです。
しかし、そうでない場合も中古住宅特有の基準に合致していればやはりフラット35sの審査に通ることができるのです。
中古住宅は新築とは違いますから、全く同じ条件にすることは難しいです。
昔の建物であっても、現在のエコ住宅や耐震基準を満たしている場合があります。
ただ、現在の基準にそのまま当てはめると数値的に同じ結果が出ないという場合があるだけのことです。
両者のアンマッチを解消する手段が「中古住宅特有の基準」として定められているのです。
楽天銀行フラット35の評判はどう?審査が甘い?【金利・手数料安い!】